「予想外の反応についても学ぶことが出来た」~認定ファシリテーター講師育成講座第二期 テストを終えて

認定ファシリテーター講師第二期のテストが終了し、
素敵なお二人の認定講師が誕生しました!

それぞれ、主任をされている中での育成や園内研修・
地域の保育者への貢献んを目標にされていたり
さまざまな体験を経て遅番保育士として
シニア世代の後押しをすることを目標とされている素敵なお二人。

ご自身がが体験してきたこと・学びと保育や子どもへの思いが
ZOOMでの気づき・振り返りによって視点が変わり

実践の体験を日常に持ち帰ることによって、在り方が変わり
テスト&フィードバック、その後のリベンジによって

ファシリテーター講師として場を作っていく側の意識とが
一枚一枚層を織りなすように美しい輝きへとつながっていきました。

技術と実践は、さらにこれから 現場や機会をいただく場・
保育コミュニケーション協会講師としての公開講座など
様々な場で磨かれていくことでしょう。

素敵な在り方・生きざまで、
これから出会っていくであろう保育者の後押しをして行って下さるのを、
楽しみにしております!

テスト&リベンジ後の感想

とても緊張しましたが、2回目のテストもその日のうちに出来たので、
すぐ変更したり工夫する事が出来、分かりやすかったです。

美里先生が受講者の役をやって下さり、
予想外の反応が来た時の対応力についても教えて頂き、有難かったです。
美里先生、大変お世話になりました。
一緒にお食事できた事や色々なお話が出来てうれしかったです!
またこれからも引き続き、勉強させて頂ければと思います。ありがとうございました!

「場を作る」「主役は参加者」
文字では読んでいたことですが、今日の時間を過して体験できた様に思えます。
自分に足りないもの、苦手なことの指摘があればこそのすごく貴重な時間でした。

テスト→フィードバック→リベンジ→フィードバックが良かった。
前回の実践でも同様、机上の学びでは学ぶことのできない「本当は参加したくなかった」ちょっとヒールな態度の参加者の役の設定は
何回見ても(聞いても)どきどきする自分でした。
実際にいるのだろうなぁという思いと、
その時の自分を「脇に置く」を心に置くことができたことがとても有難いことでした。
先生の経験、つみ重ねてきたノウハウを惜しみなく伝えてくださる姿勢が
私の身体に染み込むのだと感じました。みさと先生ならではの講座でした。

認定ファシリテーター講師 第3期 受講者最終募集

保育コミュニケーション協会では、10月よりスタートする
認定ファシリテーター講師の第3期を募集いたします。

年々、保育の質を高めていくために、また保育者の働く環境を良くしていくためにも
保育者間の人間関係を豊かにしていく
コミュニケーション講座の需要が高まってきています。

これまでは松原が各地に足を運ばせていただいておりましたが、
松原一人の持ち味だけではなく、思いを持つ豊かなファシリテーター講師の持ち味によって
各地域の保育者を支援することが出来る認定講師のお役目を
少しずつ増やしていきたいと考えております。

実際に、講師0期の上野里江講師の担当実績が重なっており
上野講師が1月に登壇させていただいた静岡県社会福祉協議会様からもご好評をいただき
次年度の講師として、第1期以降の講師の担当が決まっております。

また、保育コミュニケーション協会では
認定講師の担当講座を設定することによって多くの保育者に役立てていただき
講師本人の筋トレ・ブラッシュアップにつながる機会を設けております。

●上野理江講師

●曽木書代講師

●秋葉美喜講師(10月6日登壇予定)

≪ その他、認定講師のフォローアップにつきましては、こちらをご覧ください ≫

開催場所:静岡・東京

認定ファシリテーター講師育成講座第3期はZOOM講座と合わせて
実践講座は静岡での開催を予定しております。

また、リクエストをいただいて
東京でも実践集中講座を10月3日・10月31日に行うこととなりました。

ご自身ならではの言葉・在り方で
保育者の可能性を後押しするお手伝いをしませんか?

心が動いた方、ご一緒出来るのを楽しみにしております。

●認定ファシリテーター講師育成講座 詳細はこちら

●お申し込みはこちらから

●認定ファシリテーター講師育成講座について

●認定ファシリテーター講師育成講座 受講者の声