【語り合いましょう】保育者を続けるとき・辞めるとき

保育コミュニケーション協会オンラインサロン テーマは
9月 23日(水)保育者を辞めるとき・続けるとき
   ~です。

9月というと・・・次年度どうしようかと考える季節なのではないでしょうか。

転職は松原自身も体験がありますが、さまざまな人と話をする中でも
転職には2種類あるのではないでしょうか。

一つは、逃げの転職。
「●●がいやだから」「いやでいやでたまらないから」
~というモヤモヤした気持ちでする転職と、

もう一つは、前向きな転職。
「ここでできることはやりつくした」
「次のステージに進みたい」といったこの先を見越したもの。

じつは、私自身 最初の転職は
「いやでいやでたまらない・・・」といった気持ちが大きくありました。
が、本当にやりたかった場所へと転職した後で気が付きました。

「これは、園が変わっても自分の課題だったのだ」と。

そこからは自分の課題と向き合い、乗り越えられるように努力を重ねました。
その後の転職は、次のステージを見越して、貯金をしながら最善を尽くし
やれるだけやっての転職でした。

とはいえ、ご自身が壊れてしまっては本末転倒です。
なかなか自分では見極めがつかないのも、悩ましいところ。

一緒に園と自分を客観的に捉え
学び・成長・新たなチャレンジなど、さまざまな視点から選択を見つめていくひとときにしましょう。

▼詳細はこちらからご覧ください