コーチングとは、可能性を呼び起こすコミュニケーション

コーチングとは?

コーチング…よく聞く言葉ですが、
具体的にはどういうことなのでしょうか。

対話によって自発性を引き出す手法。
馬車が人を目的地まで運ぶことに由来し、相手を目的達成へと導く。
大前提は、「相手の中に、答えがある」

松原の大好きな概念ですが、

People are Naturally Creative, Resourceful and Whole
人はもともと創造力と才知にあふれ、欠けるところのない存在である
CTI Japanより-

というものがあります。

認知・問い掛け・反映・フィードバックなどを通じて、
人の内側にある可能性を呼び起こすコミュニケーションのことです。

職員・保護者・子どもの会話において、
相手の気付きを深める際に、生かすことが出来ます。

コーチングをするとどうなるの?

人の心の内側に灯がともり、願いや思い・気付きが生まれてきます。
誰かに言われたこと・与えられた答えではなく
「みずから気付きを得た答え」のため、
いきいきと自発的な行動につながりやすく、とてもパワフルです。

●コーチングを深く体験から学びたい方へ
   CTI Japanの体験から気付きを深める養成コースをおすすめしております。

●まずは、本から学びを深めたい方へ
コーチング・バイブル―本質的な変化を呼び起こすコミュニケーション (BEST SOLUTION)
マンガでやさしくわかるコーチング

●保育に生かせるコーチングを深めたい方へ、
保育コミュニケーション協会 松原講師による
コーチング1日実践コースを行います。
現場に置き換えて考え、じっくりと気付きを持ち帰ってください。

3月3日コーチング1日実践講座