コーチングが保育で生きる場面とは?

こんばんは松原です。

実際に私がコーチングの学びを経て保育の現場に戻った際、
重宝したのは以下のような場面でした。

これまでの私は、一方的に伝えたり、
こちらの言い分をぶつけては関係性が険悪になったり。

「他にやり方はなかったんだろうか・・・。」
・・・と自己嫌悪が付きまとうことも少なくありませんでした。

コーチングを体得してからは、
「こんなかかわり方もできたかな」
「こんどは、こうしてみよう」
と、無限にコミュニケーションの可能性が広がる感覚を
味わえるようになりました。

そうすると、ストレスだったはずの人とのやり取りが
楽しくて仕方がないのです。

保育はコミュニケーションによって成り立っています。
人の無限の可能性を楽しめる。
それがコーチングの魅力。

多くの方に役立てていただきたいというのが
私の願いです。