【オンラインサロン カトレア事例検討会】2022年月開催レポート

保育コミュニケーション協会 オンラインサロン。
9月のカトレア事例検討会のテーマは、「人が辞めてしまう園」でした。

前半は、バスの事故を受けて それぞれの感じたゾッとしたこと・学びを分かち合う場に。
だれもが覚えのあるこころの緩みとゾッとするヒヤリハット体験から’緊張感’を学び、それがいい意味で教訓になっているのでは?

では、失敗体験から守られすぎた職員・機会が無かった人は…?
やはりヒヤリハットを役立てることですね。

しかしもしも…「あれっ」と感じた職員や、立ち止まる人が一人でもいたとして、それを言い出せるような空気感・関係性は園内にあるだろうか?
それは、人が辞めてしまう園においても共通の課題かもしれない…

というところから、人が辞めたいなと思う時。
私自身も踏んでしまった地雷やさまざまな園の事例を振り返りつつ、
背景にあるものを共に探っていく時間となりました。

▼オンラインサロンの詳細は、こちらから

 

参加者の感想を一部ご紹介します

ご感想①
他園さんの危機管理体制等のお話は参考になりました。職員が辞めてしまうお話も他園さんのいろいろな事例を聞くことができ、参考になることが多かったです。

関連リンク

立場がちがうからこそ――思いに寄り添い、架け橋になる【オンラインサロン カトレア事例検討会】2022年8月開催レポート
園内で自分を生かすキャリアの仕掛け【オンラインサロン カトレア事例検討会】2022年7月開催レポート

園内のザワザワ感は、自分のこころのうちから…?【オンラインサロン カトレア事例検討会】2022年6月開催レポート

 

 

コメントを残す