ここに居てもいいんだ、と思える研修の入り口を【認定ファシリテーター講師育成講座 ZOOM7】開催レポート

認定ファシリテーター講師育成講座 第8期のZOOM7を終了いたしました。

研修の講師というと、当日に伝えるプログラムや内容を進めるイメージが一般的かもしれませんが、実際には用意した内容と受講者のモチベーションは多くの場合異なります。

例えばキャリアアップ研修のマネジメントにおいて、特に保育現場のリーダーとしてのスキル向上を図る場合、全体の視野を広げ、メンバーを「子どものため」のゴールに導く手法が重要です。保育の現場でリーダーシップを発揮する方々が、全体を見通す視点を養い、メンバーに対して効果的な指導を行うスキルを身につけることや、「子どものため」を共有のゴールと位置づけ、その実現に向けてメンバーを統一し、協力を促進するための工夫や仕掛けの考え方を体得することなどです。

ですが、当日会場に来る方は、ポジティブな方はごく一部。
(「先輩から、松原の研修は楽しい!と聞いて楽しみにしてました。」という人が最近ちらほらいらっしゃいますが)
多くの方は、「上司に言ってと言われたので来ました」
「保育現場にマネジメントって必要なのかな…。」
~という心持ちからスタートします。

そんな時私が大切にしているのは、受講者の今の立ち位置を知り、気持ちを代弁するところからスタートすることです。
「ああ、ここに居てもいいんだ。」
「自分のためにある研修なのかもしれない」
~そう感じられる場のセットアップをすることです。

認定ファシリテーター講師育成講座第8期ZOOMの7回目では、事前レクチャー動画にて実際の研修の中で意識していることや心掛けていることを事例として紹介しました。

本編では最初に、前回の電波の乱れによりチャレンジが中断されていたメンバーに対して、インストラクション実践に関するフィードバックを行いました。その後、以下の2つのバージョンを通じて体験を。

Version1:正論で研修を進めるアプローチ
Version2:気持ちに寄り添い、安心して前を向ける場への働きかけ

これらのアプローチを通じて、受講者が集まる“場”へのかかわり方についての理解を深め、実践的なスキルを身につけ深めていくひとときとなりました。

▼認定ファシリテーター講師育成講座はこちら

詳細はこちらから

いただいた質問にお答えします


子どもの未来を支える人のための認定ファシリテーター講師育成講座8期 【講師:松原美里】

現場にかかわる人の力を引き出し、ワクワクする子どもの育ちを後押しする気付きの場づくりを!

認定ファシリテーター講師育成講座を保育者としての現場体験・こどもに思いを持つ方が保育や教育に貢献していける土台を作る講座として2023年9月より、第8期として 以下の内容で開催をすることとなりました。

是非、お役立て下さい。

★ 詳細・お申し込みはこちらから

関連リンク

ワークを想定したインストラクション【認定ファシリテーター講師育成講座 ZOOM6】開催レポート
そう受け取った!?伝えたことと、相手の頭の中のギャップを埋めるには【認定ファシリテーター講師育成講座 ZOOM5】開催レポート
相手に届ける意識が、新たな自分を後押ししてくれる【認定ファシリテーター講師育成講座 ZOOM4】開催レポート

コメントを残す