4月12日(日曜日)オンライン 手遊び&保護者コミュニケーション研修

外出自粛のお知らせを、全国各地の自宅から受講のチャンスに!
スマホやIpad・PCから気軽にスキルアップ、是非お役立てください

講座内容は以下の二本立てとなっております。
(1講座のみでのお申込みも可能です)

①13:00~15:00「子どもと心が通う『魔法の手遊び』講座」
講師:松原 美里

②15:30~17:30「保護者とのかかわりの不安や悩みを解消するヒント」
講師:上野 里江

どちらも現場ですぐに役立つ実践的な内容です。
是非、お役立てください!

第一部研修 子どもと心が通う「魔法の手遊び」

<こんな方へお勧めの講座です>
◆子どもと心の通う時間を楽しみたい
◆いつもおなじような手遊びをしてしまう
◆まるで魔法のように、子どもを惹きつける手遊びができるようになりたい
◆子どもと一緒の時間を楽しみたい
◆子どものためになるやり取りでかかわりを持っていきたい

保育士にとっては、身近な手遊び。
その魅力について、考えてみたことはありますか?

じつは……手遊びは子どもの成長・心理学の側面から考えても素晴らしいものなのです。

<子どもにとっての魅力>
・赤ちゃんや子どもは音楽が大好き!歌が始まるとご機嫌になる。
・リズム感やテンポが身につく。
・音楽療法の側面からも音楽は感情と連動
~感情のコントロールが容易になる
・リズムに合わせて体を動かすことで感情が変化する
・ストーリーに感情移入することで、感受性が豊かな子に育つ
・ストレス解消・リズムに合わせて呼吸が整う
・リラックスできる
・集中力・発想力・想像力が広がる
・行動力が促進される
・手を動かすことで脳の活性化
・両手を使うことで右脳と左脳のバランスが良くなる
・歌の歌詞の中で物の名称を覚えていく~認識が増える

<手遊びをする側にとっての魅力>
・双方向のコミュニケーションによって心が通じ合い、笑顔が生まれる。
・歌いながら自分が落ち着く
・アレンジによってアイディアが広がってゆく
・子どもの感情に左右されず、態勢を立て直すことができる
・いつでもどこでもお金を掛けずにできる
・子どもとのアイコンタクトで心が通じ合う
・子どもの好きな歌でペーシングすることで、子どもに安心感が生まれる
・手を使う~五感(触覚)が刺激されることで、心に安定が生まれる
・子どもの期待感や感情の鎮静など、感情のコントロールが容易になる
・気持ちのバランスを取り戻す (優しい気持ち・あたたかい気持ちになる)

手遊びを覚えたい!

こんなに魅力のある手遊びですが、教えてもらった時には「覚えた!」と思っても家に帰ると
「あれっ?どんな音程だったっけ?」
「歌詞が思い出せない・・・!」
と忘れてしまうことはありませんか?
今回は”保育で実践できる
”ための仕組みとして

【1.覚えやすい工夫 】 ~ 同じ曲でいくつものアレンジ!!
【2.忘れちゃう対策 】 ~ 体で覚える!!
【3.緊張しない対策】 ~ 覚えて、子どもと楽しむ♪

・・・という3つのプロセスを大切にしています。
ふだん何気なくやっている手遊びを見直し、
保育の中で意識的に生かして楽しい保育を行いましょう!

<当日の流れ>

1.手遊びについて
2.覚えやすい♪ 展開型手遊び歌
3.子どもが大好き!手遊び歌
4. これだけは持ち帰ろう!ペアで発表タイム
5.手遊び歌をシェア!!
6.振り返り&まとめ

<参加された方のご感想を一部ご紹介します>
・先生の歌と表情が素晴らしかったです。楽しい雰囲気は表情が大切だなと思いました。

・参加型であったこと・声を出しているうちに楽しくリラックスできたことに加え、
体で覚えたので覚えやすかったです。
聞いても覚えるところまではできないので、リラックスした気分でみなさんとできるのが楽しかったです。

・典型的な手遊びはつい軽視してしまいがちですが、
子どもにとっては大事だということにあらためて気づきました。
場面に応じ、いろいろな手遊びで楽しんでいきたいです。

・自分なりにアレンジして、○○ちゃんと入れてみたり、
状況に合わせて声を小さくするなど、工夫していくと良いことがとても参考になりました。

・みんなの手遊び発表の場(教え合う時間)が楽しかったです!

・今日習った手遊びを子どもたちに教えたい。習ってすぐに実践できることはいいですね。

・手遊びによって子どもの気持ちを
引きこみやすい雰囲気にさせることができるのだと感じました。
実際に参加者のお子さんも楽しそうにやっていました。

・手遊びをする際には、たくさんのレパートリーを知ることよりも
(もちろん、それがベストですが)、
まず自分の持ち歌をいくつくかしっかりと準備し、
それから広げていくことがとても大事だと気付きました。
基本を忠実に。毎日1回でも2回でも良いので、練習しようと思います。

・一つも知らない、と思っていましたが、聞いたことのある曲も多く、
振り付けも覚えやすいので一気に持ちネタが増えたように感じました。
受講してとても満足しました!!
現場ですぐ使えるようになるためには、自主練習を重ねる必要があると感じました。

・ワンパターンになりがちだったので、最近の手遊びを教えていただき、
大変勉強になりました。お友達やママさんたちに伝えてあげたいです!

<講師:松原 美里>

認定こども園エクレス 保育園 前施設長・UmehanaRelations/保育コミュニケーション協会 代表。 横浜女子短大 保育科にて保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。 保育園・児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングを学ぶ。 米国認定コーアクティブコーチ資格取得。 All About「育児の基礎知識」元ガイド。 認定こども園 エクレス(保育園)施設長時代、こども園への転換時の混乱・職員の離職・育成・働きやすい職場作りの課題に直面する中で、さまざまな学びが道を切り開く助けになった体験からコミュニケーションと学びの手法を活用して、参加者それぞれの中にある答えを引き出す研修を行う。 現在は各地の保育士キャリアアップ研修(マネジメント)を担当しながら、保育コミュニケーション協会代表としてファシリテーター育成の傍らで自己主催研修・コーチング研修・子育て支援研修・監修等を行っている。

松原美里の詳細についてはコチラ

第二部研修 保護者とのかかわりの不安や悩みを解消するヒント

<こんな方へお勧めの講座です>

・新しいクラスの保護者とうまく信頼関係を作れるか不安を感じている方
・新しいクラスの担任になったけれど、保護者にどう思われているのか、心配な方
・要望や苦情の多い保護者とどのように関わったらいいのか?悩みを抱えている方

<詳細>

新年度は新入園児を迎え、クラス担任が変わるなど、保育園の中の人間関係に大きな変化が起こる時。
子どもたちとの関係作りも大切ですが、
最近は保護者とのコミュニケーションに頭を悩ます保育者の声もちらほらと聞かれます。

特に新年度の始めは保護者も不安を抱えているため、保育者への期待が大きくなり、
それが要望や苦情の声になり戸惑うこともあるのではないでしょうか。
保護者対応に緊張したりドキドキしたり、これでいいのか?大丈夫かな?
と不安に思うこともあるかもしれません。

そこで今回の講座では保護者対応のこんな時どうしたらいいかについて、
不安や困りごとを解消するヒントをシェアしたり、
「保護者対応の不安や悩みを解消するヒント」をお届けします。               

保護者の心情や背景を知り、明日からの保育に笑顔のコミュニケーションが生きるヒントをお届けします。
是非ご参加お待ちしています。

<プログラム>

  1. あなたが不安に思う時~保護者の気持ちを考えてみよう
  2. こんな時どうする?不安や困りごとを解消するヒント
  3. コミュニケーションの土台作り3つのポイント
  4. まとめ

<講師 上野 里江>

東京都新宿区にて30年間で5つの保育園、区立幼稚園、子ども園に勤務。障害児保育担当、子育て支援・一時保育室担当としても多くの子どもたちに関わる。現代の子どもを取り巻く環境や保護者のニーズの変化から、子どもの育ちを支えるためには寄り添う関わりや信頼関係を築くことが何よりも大切であると感じるようになり、コーチングを学ぶ。(一財)生涯学習開発財団認定コーチ資格取得。子どもの育つ場が笑顔であふれるように、子どもに関わる大人が元気に笑顔になるコミュケーションを活かしたサポートがしたい!という思いからスマイリーアイを開業。保育・子育てアドバイザーとして子育て相談(ボイスマルシェ公式カウンセラー)・コラム執筆(親子の時間研究所)・商品監修・講座を行っている。

上野里江の詳細についてはコチラ

 

 

詳細・お申し込み

【日時】2020年4月12日 第一部13:00~15:00  第二部15:30~17:30
【場所】あなたのご自宅から
料金一般:4000円/1講座
    保育コミュニケーション協会会員:3500円/1講座
    2講座同時受講 一般:8000円 会員:7000円
【受講方法】ZOOMというアプリを開始前にダウンロードしてくださいね。
お申し込みの方に、当日のURLをご連絡いたします。
使い方は、こちらの動画を参考にしてみてください。


【お申込み】 お申し込みはコチラ  お支払いはこちらから

 

関連記事

新年度、新しい保護者との関係作りが苦手なあなたへ

子どもと心が通う魔法の手遊び

様々な要求をしてくる保護者と、どう向き合ったらいいの?